« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ジロとその他のこと

今年のGiro d’Italia、最終週に入ってもバッソが強い。山岳賞、ポイント賞でも一位なのは、昨年のTOJのカルデナスを思い出させる。ツールでも上位で安定した走りを見せる、格の違いか。

シモーニが勝てなかったのが残念。ソニエルデュバルでスペシャルカラーのスコットに乗り、僕のあこがれのピュアクライマーとして、応援していたのだが。

ジロは、未舗装路あり、雨や雪の悪天候あり、激激坂ありと、ツールとまた違った面白さがある。「伊太利亜一週自転車公道競争」の名前が似合いそうな、そんな野性的“レース”だ。

ちょっと変わった見方だが、コロンビア人の活躍が面白い。14ステージのラベルデの優勝を筆頭に、山岳で積極的に動いている。

コロンビアは山がちな地形だから良いクライマーが生まれると、よく言われるが、他にも理由があるはずだ。

たとえば、貧しさ。植民地時代の影響を受けて、荒れた政治・治安や、脆弱な産業……。競技用自転車なんて高くて、乗れる人はほんのわずかだろう。それどころか、犯罪に巻き込まれたり、食べ物がなかったりと、生きていることだけでありがたいのかもしれない。そんな不利を跳ね返して、山に挑むハングリー精神が生まれるのだろう。

日本だって山がちなのだから、クライマー産出国になってもよさそうなものだが、ヨーロッパに全然かなわない。最高級のロードバイクがたくさん走っていて、普通自転車なんて使い捨てのように余っているのに。

日本では、収入も地位も低いプロロードマンには良い人材が来ないのは確かだ。でも、お金も自転車も山岳路も恵まれているのに、ずっと貧しいコロンビアに負けるなんて、恥ずかしいと思う。

自転車のことのみならず、自分の恵まれた環境に感謝しなければならない。

| | コメント (3)

TOJ東京ステージ観戦

今日はTOJ最終日!〈www.toj.co.jp

選手のみなさん、おつかれさまです!

というわけで、スタート地点の日比谷公園へ。

とにかく、プロの機材観察。 シマノの電動ディレーラーを発見!

それから、選手の後を追って、走る。集団だから、スピードが出る。

(大井埠頭の解説で、『レース集団を追って、自転車に乗った観客がレースのようになった。僕も参加したい』と言われていた。)

それから、フィニッシュまで見た。

| | コメント (0)

バッテリー上がり?

やるべきだとは分かっている。

ただ、始動しないんだ。

そんな自分に檄を打つこともできないのか。

臆病者。

| | コメント (1)

地上の戦闘機

先日、なるしまフレンドで、見てしまった。 アレ・ジェット・クリスタロである。

http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=16682

大空を駆け抜ける、まさにそんなバイクだ。

空を走りたくて、僕は空色のBillatoに乗っている。次はこのバイクかな。

(買えるようになるころには、絶版だろう)

| | コメント (0)

Every Second Counts

僕の本当の夢は、ヨーロッパのレースを走ること、なのかもしれない。

それなのに、高2の今から、自転車も満足に乗れないくらい学校と塾漬け。

なんのために?

直接的には、大学受験のためだ。そして、将来的に、進路の選択肢を増やすため。学生としてのその目的を、親は、周りは、そして自分は、最優先している。

学校の図書館でランス・アームストロングの『毎秒が生きるチャンス』を借り、本屋で(数学の参考書を買うついでに)オーバードライブ5巻を買って、それらのページをめくっていると、今の生活に不満が巻き起こるばかりだ。(学校や塾の周りに、そういった誘惑があることが問題なのか)

他人の敷いた軌道のうえを進むのが、いやだとかそんなことを言いたいわけではない。第一、高校からレーサーになるのだって、他人の軌道のはず。何十億人が生きる今、独自性を謳ってもしかたがない。

ただ、自分のほんとうの夢が分からずに、時が過ぎるのを感じるのが、辛い。

まあ、とりあえず、やってみよう。

| | コメント (6)

雨のクラブラン

日野橋~睦橋~入山峠~武蔵野陵~浅川

走行距離 126.44km

走行時間 5h22m21s

平均速度 23.5km/h

雨ということは知っていたが、雨量がたいしたことなさそうなので集合場所へ。雨により会長不参加のため有志8人によるEeeラン。

ゆったりと五日市の盆堀林道入り口まで。それから楽しい上り。

積極的に上りで引く。未舗装路区間を過ぎて緩やかな場所でペースを上げる。ついてきたのは一人。八ヶ岳に三万五千円のMTBで入賞した、ヒルクライム専門のKさんとの一騎打ちだ。序盤の緩斜面では20km/h強で並んで走り、お互いの出方をうかがう。表情、呼吸から察して、こちらに勝機がないわけではないようだ。傾斜がきつくなり始めたところで、あえて我慢してダンシングでねばる。体力を温存しつつ、揺さぶりをかける攻撃方法だ。それが成功し、差をつけた。あとは逃げるだけ! しかし、これが辛い。Kさんのスタミナは知っているから、温存しつつも、とにかく差をつめられないようにしなければならない。眼前には、山肌に沿って作られた、曲がりくねった道。頂上は次のブラインドコーナーを過ぎたところだ、と思っても、まだ続く。ローギア25で60回転ほどにまで落ちたが、なんとか踏み耐えて、頂上に着いた。足を着いて休むとすぐにKさんが到着。差はわずかで、さすがの追い上げ。

帰りは雨が本降り、向かい風の悪条件のなかを、人気の少ないサイクリングロードで帰った。

昨日は基礎の平坦、今日は峠の上りで満足かな。 (この程度で満足できる自分が悲しい)

| | コメント (1)

ひるたま60km

世田通~狛江~多摩川国立折り返し

走行距離 58.60km

走行時間 2h09m12s

平均速度 27.2km/h

久しぶりに乗った気がする。文化祭後片付けの済んだ午後に出た。トレーニングコースとしては、もっともベーシックな、多摩川国立折り返し。

南風の強い日だった。往路は追い風も受あって、アウターに入れて30km/h以上の快速を維持した。復路では真横からの風に度々ハンドルを取られた。ギア比が落ちすぎて失速しないように、重めのギアで25km/h前後。しばらく乗ってないうえに、GW中(文化祭)の不摂生のわりには、調子が良かった。気持ちも、良い。

刀となって風を切って走ったり、大空を舞う鳥のように悠々と進んだり。それがバイクの魅力だ。

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »