« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

ドーピング疑惑

http://www.cyclingtime.com/

おいおいどうすんだよ、ツール三大スターがいなくて。

LAがいないうえに、ますます混戦になりそうだ。

夏休みのない夏みたいなものだ。

そういえば、今日が六月最後の日。来月から夏休みだ。

おっと、期末試験を忘れていた。

| | コメント (1)

剣道昇段審査

今日は港区剣連の初段試験。よほどのことがない限り落ちない審査で、無事、全員合格。

中学の時から学校の授業で週一回挌技としてやっていたのだが、いよいよ集大成といったところ。

土・日と剣道でつぶれてしまったが、そのくらいの価値はあるもの。

これで、海外に行っても“SAMURAI”を名のれる!?

| | コメント (0)

ナスカ展

上野国立博物館(ナスカ展)~荒川~湾岸線~晴海

走行距離 71.57km

走行時間 2h47m06s

平均時速 25.7km/h

梅雨だけど、今日は大丈夫そう。そして学校も休み。ということで、練習がてら、ナスカ展。 http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/nasca/

コロンビア人クライマーから始まったラテンアメリカへの興味、とうとうここまで来てしまった。この展示は、数日前に学校のポスターで知ったのである。期間は18日まで。危ないところだった。

とにかく人がたくさんで、本当に見たいところだけ人垣のなかに入って見た。

その後は、千住新橋から荒川を南下。始終向かい風だったが、25km/h以上保てるので、不快ではない。道が広く、人が少ないので良い練習になった。見かけたローディは二人くらい、多摩川とは大違いである。TTや心拍トレーニングには適した場所だ。あとはそばに峠があればいいんだけど。

| | コメント (1)

ひとりの日曜日

今日は雨で、クラブランはないので、ひとりで練習。

連光寺(大丸側)、いろは坂二本

走行距離 61.80km

走行時間 2h30m19s

平均速度 24.7km/s

まずは多摩川で、雨が強くなってきたので、帰ろうかと引き返すが、速い人とすれちがったので、ついうっかりUターン。すぐに是政橋に着く。

ここまで来てしまったら、もうやることは決まっている。連光寺~いろは坂

雨だからやる気なくだらだら上った。 下りが強烈! ブレーキを引いても、ヘアピンの奥に突っ込んでいく感じ。ロックしない範囲で強く引いて、膝を横に大きく出すリーンインで曲がった。

今日はMt.富士と栂池高原でレース、雨で大変そう。参加者の方、おつかれさまです。

| | コメント (1)

立川店~睦橋~五日市~鋸山往復

走行距離 146.64km

走行時間 5h48m17s

平均速度 25.2km/h

久しぶりの休日。久しぶりの遠乗り。ということで、クラブランか自主練か迷ったあげく、Aランに。

長く乗っていなかったにも関わらず、檜原街道まで先頭のローテーションの後ろでうまく流れに乗れた。

調子が良かったので、鋸山も上ることに。

初めての道だが、BR-1他強豪率いる先頭集団に踏ん張って食らいつく。荒れたトンネルで数が絞られ、その先のまた荒れた道で、BR-1二名+一から離される。それから長いこと、灰色のジャージーの人と競り合いになった。どちらも先頭から遅れ、苦しい。言葉を交わしながらも、互いに構えながら並走。向こうは荒い呼吸、こちらは深く落ち着けて呼吸している。勝機は十分にある、とポーカーフェイスをしながらもリードはできない。剛性に優れるわけでもない、体の下のアルミ塊が恨めしい。高回転型に不向きな39×25のギヤも憎い。

ふと、勾配が緩くなった。ここで一か八か賭けてみよう。ペダルはパワーバンドの90rpm以上だ。シッティング+高回転の、省エネ型攻撃。相手も付いてくる。お互いに必死になって、火花を散らす、緊張。相手は忍耐強く、戦い慣れている。だが、物理法則は1gにも1mmにも働くのだ。その隙間にくさびを打ち込んだ、傾斜。差がついても足を緩めずに、ようやくリードを勝ち取った。

山道の具合から、頂上までの距離を予測して、走りきった! 確か五着。頂上での、BR-1方の、「何でお前が」という驚きのまなざしと、「速いね」という感嘆のことばが嬉しかった。競り合った相手と互いの健闘を祝福する「お疲れさま」を交わしたあと、「勝ち逃げかよ」の言葉を背に、頂上で折り返して早退した。

| | コメント (2)

ポディウムの荒くれたち

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=2672

バッソとシモーニがけんか。

やだな。

| | コメント (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »